使い方(腹帯の巻き方)

妊娠5ヶ月頃から、お母さんの体と赤ちゃんのために腹帯を巻きましょう。

お腹が少し膨らみ始める頃で、お腹を外からの刺激や冷えから守るとともに、お腹の中の赤ちゃんを感じ、母親になるための心の準備が出来ます。お腹の赤ちゃんを愛おしく感じ、お腹に手を当てる。それこそが、ふれあいの始まりで、赤ちゃんが幸せな子どもに育つために親ができる最初のことです。また、その姿を見た周りの人もお母さんのお腹に赤ちゃんがいることを知ることができ、みんなでお腹の赤ちゃんを守ることが出来るでしょう。


妊娠5ヶ月の戌の日に神社で頂くことの多い さらしの腹帯は 岩田帯と呼ばれていて、岩のように頑丈な体で健康な赤ちゃんが産まれますようにとの、願いが込められています。また、犬は子沢山でお産が軽いので、戌の日に安産祈願をする習慣が出来たようです。

最近の神社では、持参した腹帯を祈祷してくださる神社も増えています。特に麻の葉は赤ちゃんの成長を願った模様ですので、岩田帯としてもお使い下さい。


※大切な赤ちゃんです。御自分の体調、赤ちゃんの様子、お医者様のお話等を考え、御自分の判断でお使い下さいね。

練習会に参加して下さった方には、上記のプリントを差し上げています。